北京編

上海留学から義烏駐在になり、義烏に住みついた孤独な少年の日記。貿易のイロハを学びつついつか世界に名をとどろかすのを目標に日々仕事にあけくれる。     通訳、仕入れ、発送やります!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は少々グロテスクな内容となっております。
心臓の弱い方はここでお引き取り願います。
万一問題がおきましても責任はとりません。







場所は北京の中心地王府井(ワンフーチン)
北京一の商店街で高級店からマイナーな屋台までたくさんの店がひしめき合っている場所。
その一角にめずらしい食べ物があると聞きつけ行ってきました。
中国語名がわかりませんのでご存じの方はコメントして下さい。

まずは・・・

DSCF1478.jpg

なんでしょう???

DSCF1451.jpg

何か見たことあるようなないような^^

DSCF1471.jpg

いろいろ売ってます。
おもわず後ずさりしてしまいました。

DSCF2087.jpg

これはご存じサソリですね。
1匹50元(800円)
高級すぎて手がでません。
まぁ食べる気もありませんが・・・

DSCF2058.jpg

このあたりから衝撃画像になってきます。
退散するなら今のうちです^-^

ちなみにこの物体、以前私の中国人の友達はうまそうに食ってました。
うまいって言うもんで1ついただきましたが
次の日まで何も食べれませんでした・・・・・

DSCF2088.jpg

どこで採ってきたのでしょうか。

DSCF2096.jpg

これ売れるの?と思わず聞きそうになってしまいました。
周りの中国人もこれにはビビってました。

DSCF2097.jpg

もはや何も言うことはありません。

DSCF1500.jpg

もう少しだけ続きます。

DSCF1454.jpg

こんだけ写真バシャバシャ撮って何も食べないわけにいきませんので、
日本では絶対に食べれないであろう
ものを食べてみました。

DSCF1494.jpg

おわかりいただけましたでしょうか。
ヒトデです。
実は食べ物だったようです。

感想は、

コンクリ・・・

かてーよ!!食えねーよ!!!

と言った感じです。

2ミリほどいただきまして葬らせていただきました。

お肉のような魚のような食べ物を想像した私がバカでした。


★最後まで見ていただきありがとうございました★


<広告>





スポンサーサイト
本日北京より義烏へ戻ってきました。

義烏はあったかい・・・とは言えませんが北京はやはりさむかった~><


さてさて、北京までの道のりですが、まずは義烏から上海まで列車にゆられ~

上海から北京までまた列車にゆられ~

計16時間の旅でした。

上海-北京間の列車は180元最安の列車で行ってきました。

まずは上海駅入り口
PAP_0838.jpg

ここはふつうですね☆

続きまして待ち合い室のような場所の風景~
PAP_0826.jpg

PAP_0816.jpg

PAP_0812.jpg

PAP_0811.jpg

PAP_0810.jpg

PAP_0820.jpg

!!ん!?

ぼくちゃんそこはトイレじゃない!!!

実は中国の子供達はどこでもう○ちができるようにズボンのおしりのところに穴があるのです。

いや、すばらしい発明ですね。

中国4000年の歴史が作り上げた奇跡のズボンですね。

ちなみにバケツ持った人はチケットなしで乗り込もうと企んでる方々らしいです。

バケツは椅子になりますので~

中国ではごく当たり前の光景です^-^

続きまして車内へご案内~

PAP_0807.jpg

車内へ入ろう・・・としたらすでに満員です。。。ってチケットもってるんですけど~~~

PAP_0805.jpg

PAP_0808.jpg

PAP_0801.jpg

やっとの思いで車内へ入るもやはりというか当然のことのように我が座席を陣取るババア(*´Д`)

チケット見せても無視。

まぁ僕も中国に来てはや1年、そういう輩の扱いにはなれてきました。

PAP_0802.jpg

口論の末やっと座り1時間ほど本を読みまわりを見てビックリ!

PAP_0803.jpg

PAP_0800.jpg

え?戦争中の疎開列車?と思われた方は

クリック↓


【JTB海外旅行】グアム・サイパン

【専門知識不要!】簡単・安心の携帯サイト作成ツール!






 | Copyright © ~中国義烏駐在奮闘記~義烏のアテンドは弊社で All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。