グルメ in Beijing

上海留学から義烏駐在になり、義烏に住みついた孤独な少年の日記。貿易のイロハを学びつついつか世界に名をとどろかすのを目標に日々仕事にあけくれる。     通訳、仕入れ、発送やります!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は少々グロテスクな内容となっております。
心臓の弱い方はここでお引き取り願います。
万一問題がおきましても責任はとりません。







場所は北京の中心地王府井(ワンフーチン)
北京一の商店街で高級店からマイナーな屋台までたくさんの店がひしめき合っている場所。
その一角にめずらしい食べ物があると聞きつけ行ってきました。
中国語名がわかりませんのでご存じの方はコメントして下さい。

まずは・・・

DSCF1478.jpg

なんでしょう???

DSCF1451.jpg

何か見たことあるようなないような^^

DSCF1471.jpg

いろいろ売ってます。
おもわず後ずさりしてしまいました。

DSCF2087.jpg

これはご存じサソリですね。
1匹50元(800円)
高級すぎて手がでません。
まぁ食べる気もありませんが・・・

DSCF2058.jpg

このあたりから衝撃画像になってきます。
退散するなら今のうちです^-^

ちなみにこの物体、以前私の中国人の友達はうまそうに食ってました。
うまいって言うもんで1ついただきましたが
次の日まで何も食べれませんでした・・・・・

DSCF2088.jpg

どこで採ってきたのでしょうか。

DSCF2096.jpg

これ売れるの?と思わず聞きそうになってしまいました。
周りの中国人もこれにはビビってました。

DSCF2097.jpg

もはや何も言うことはありません。

DSCF1500.jpg

もう少しだけ続きます。

DSCF1454.jpg

こんだけ写真バシャバシャ撮って何も食べないわけにいきませんので、
日本では絶対に食べれないであろう
ものを食べてみました。

DSCF1494.jpg

おわかりいただけましたでしょうか。
ヒトデです。
実は食べ物だったようです。

感想は、

コンクリ・・・

かてーよ!!食えねーよ!!!

と言った感じです。

2ミリほどいただきまして葬らせていただきました。

お肉のような魚のような食べ物を想像した私がバカでした。


★最後まで見ていただきありがとうございました★


<広告>





この記事へのコメント
先日は私のブログにコメントをいただきありがとうございます。そしてリンクまで貼っていただいて本当に感謝している所在です。経済の発展が目覚ましい中国だけに大変興味を持ちました。中国の食べ物には改めて驚きと少々の不安を感じますが(^_^;)それもまた中国の文化ですよね!今後ともよろしくお願いします。
2008/11/16(日) 14:02 | URL | 薫 #-[ 編集]
ん~っと
上から順に
(直感で答えてみる

こうもり?
タツノオトシゴ
サソリ
芋虫
コオロギ
ムカデ
???(ゲンゴロウ?
バッタ
セミの幼虫
ヒトデ・・・(やっぱかてぇよなぁw
元々硬いヒトデをどうやったら食えるかとか想像できんw
2008/11/17(月) 10:57 | URL | エソ #zbVuVz4I[ 編集]
1つ目はよく見たら
コウモリじゃなく
ムササビ系だね(´・ω・`)
2008/11/17(月) 10:58 | URL | エソ #-[ 編集]
そうなんやけど
海の生物らしいっす。
食べる勇気はなかったよ~
2008/11/17(月) 15:06 | URL | kenken #-[ 編集]
これぞZhongguo!
これぞBeijing!!


久々に血が騒ぎました。
うちも王府井は、中国の中で大好きな場所のひとつです☆
2008/11/17(月) 23:53 | URL | たえこ #-[ 編集]
はじめまして。
上海在住、中医学を勉強中です。
蠍は北京で食べたことあります。
目の前であげてくれるんですよね~。
サワガニ?って感じでしたが1回食べればもう一生食べなくていいやって感じでした。
蠍もムカデも、中薬で使いますけどね~。
そのまんま出されたら卒倒しますね、普通の人は。
2008/11/21(金) 19:15 | URL | ねこじゃ #Jwj8LGDI[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://inchina.blog7.fc2.com/tb.php/44-e520716f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © ~中国義烏駐在奮闘記~義烏のアテンドは弊社で All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。